トップページ > 義心舘とは

   【 義心舘とは 】

正式名を「糸東流修交会義心舘(しとうりゅうしゅうこうかいぎしんかん)」と言い、日本国内のみならず、世界各国に支部を持つ空手道振興団体です。


糸東流創設者、摩文仁賢和先生に「糸東流」の免許を皆伝された、谷長治郎先生に師事された山田治義舘長が昭和40年に「尼崎空手道協会」を設立し「糸東流修交会連合義心舘」を発足されました。

「修交会」とは「さまざまな物事について交わりを修める会」の意味を込めて名付けられました。

また、山田治義舘長は、2006年4月より芦屋大学の客員教授に就任され、空手道を通して日本武道研究をされています。

2011年より、全日本実業団空手道連盟の会長に就任されました。

Copyright(C)2005-2014 GISHINKAN IBARAKI-KITA branch office. All rights reserved.